愚か者の知恵

作詞:石田 力

作曲:石田 力


【解説】

1993年、30才前半に作った曲です。自分の言葉で、何とか曲が作れる様になった頃。

沢田氏のガットギターが柔らかく、心地よいです。


【試聴】

スタジオ版

3rd CD「セツナ」5曲目

2006年制作

演奏:石田力、沢田(ギター)



【歌詞】

いつもの様に目を覚ます

何だか おかしな気分さ

今俺は何を見つめて

どんな顔をしているの

閉ざされ錆びついたままの

扉が突然崩れた

扉の外に広がる

景色は昨日と違う顔をしてた

俺は愚か者の知恵を

ついにこの手でつかんだのさ


最後の煙草に火をつけ

最後の溜息をついて

心を苛む憂うつも

今では素敵な子守唄になる

俺は愚か者の知恵を

ついにこの手でつかんだのさ


自らを捨て すべて神様に

ゆだねたくなっちまう

でも俺は行くよ 何も告げないままに

さりげなく呼吸するように俺は行くよ

俺は愚か者の知恵を

ついにこの手でつかんだのさ

俺は愚か者の知恵を

ついにこの手でつかんだのさ


閉じる


Copyright (C) 2000 ri-ki@ri-ki.com. All Rights Reserved.