屋根の上で

作詞:マーブルみき

作曲:石田 力


【解説】

2002年に作った曲。

歌詞はマーブルみきさん。ネコの様な女の子に恋をしたラブソングかな?


【試聴】

スタジオ版

3rd CD「セツナ」2曲目

2006年制作

演奏:石田力、沢田(ギター)



【歌詞】

イヌがネコに恋をした話しなんて

聞いた事など無いけど

僕と君とはそんな感じさ

僕にはわからない

ちっぽけな夢すら守れないのに

君の悩みはわからない

ましてやイヌにネコの悩みが

わかるはずはない

うまくいくことなど 決してありえないけど…

屋根の上で ネコがあくびをしてる

ネコの上で 月が微笑んでいる


寒いココロ 冷たすぎる風が吹く

流れ星 探してみても

僕と君とは はなればなれさ

どうしようもない

君のそばへと よじ登ったつもりが

あたりをみまわしてみると

ネコの魔法にかかったみたい

滑り落ちていた

途方に暮れたまま ふと上をみあげると…

屋根の上で ネコがあくびをしてる

ネコの上で 月が微笑んでいる


僕はネコの真似して屋根に登って

ひとりで月をみあげる

赤いワインが優しく僕を 慰めてくれる

ふと気付くとネコが 隣であくびをしてる

屋根の上で ネコと戯れてみる

僕の上で 月が微笑んでいる

大きな空 果てし無く続いてる

ちっぽけだけど夢をかかえて 僕は飛ぶ


閉じる


Copyright (C) 2000 ri-ki@ri-ki.com. All Rights Reserved.